●浪漫狂について


1992年"中村隆天"が、母体である『劇団 浪漫狂時代』を旗揚げし、
「愛と浪漫と笑いの小劇場」をコンセプトに年2回、春・秋公演を開催。
1998年までの6年間で延べ1万人の観客を動員。

その後、各々が他媒体へのプロモーション活動に専念。
これに伴い『劇団浪漫狂時代』は充電期間へ。

1999年夏、中村自身の活動と合わせて若手メンバーを集結させ『劇団浪漫狂ちゃんねる』を旗揚げ。
週1回のワークショップと年2回の春・秋公演を中心に、劇団員個々のプロモーションも行い、
活躍の場を映画・Vシネマなど、映像にも拡大。

2004年、通算第20回目の公演を迎えられたことを機に劇団名を『浪漫狂』と改名。
この年より株式会社ゼロ・レインジエンターテイメントのバックアップを得、
益々メディアへと進出ていきました。

そして2005年春、TBSラジオ主催にて銀座博品館劇場での公演を実現。

2005年冬、劇団員全員が㈱ゼロ・レインジエンターテイメントに所属。

2006年、中村隆天が映像の仕事で忙しくなってきた事をきっかけに、
これまで副座長として劇団員やワークショップを支えてきた"永山てつお"が
『浪漫狂NEO』を立ち上げる。監修に"中村隆天"を迎え、2007年2月旗揚げ公演。

同年10月の公演をもって、惜しまれつつも劇団を引退した"永山てつお"に代わって
2008年、やはり陰になり日向になり劇団を支えてきた"石本敏之"が劇団を背負い、
同年春は六本木俳優座劇場での公演を。
またやる気溢れる若手に花を持たせた秋公演を行い、興行として成功を収めた。

そして2010年、3年間の「浪漫狂NEO」の活動から改めて 新生【劇団 浪漫狂】へと改名。

2011年、"壱位仁井"が座長に就任。
2012年春の公演「サージェント」で紀伊國屋ホール進出を果たす。
劇団プロデューサーとしても力を発揮し、新たな作品を出し続け、2014年には年間3400人の観客動員を実現。
新たな挑戦を続けている。

脚本や演出にも新風を取り入れ、舞台だけでなく、映像でも活躍できる人材を育てていきます。

劇団名の由来
「夢を見ることすら夢に終わるこの時代に、全ての人が浪漫に狂える選択肢を」

●浪漫狂 年表


★1992年2月 中村隆天を中心に「劇団浪漫狂時代」旗揚げ(全12回公演)

★1997年11月 解散

★1999年   「劇団浪漫狂ちゃんねる」旗揚げ(全7回公演)

★2004年6月 「劇団 浪漫狂」に改名(全3回公演)

★2005年6月 浪漫狂第22回公演で銀座博品館劇場進出

★2007年2月 中村隆天が相談役劇団長に就任し 二代目座長 永山てつお 体制で「劇団浪漫狂NEO」旗揚げ

★2008年1月 三代目座長 石本敏之 体制に

★2009年5月 浪漫狂NEO第5回(浪漫狂第27回公演)俳優座劇場に進出

★2010年   「劇団 浪漫狂」として再出発。春に再び俳優座劇場で公演を行う

★2011年   四代目座長に 壱位仁井 就任

★2012年4月 劇団創設20周年記念第33回公演「紀伊國屋ホール」に進出